KC-Craft

KC-Craftでは探しても見つからないオリジナル金属パーツを個人の方に受注製作します。

トップ > 製作事例 > タックルボックスのカバー製作

製作事例

タックルボックスのカバー製作

市販のケースに合わせるカバーを製作して欲しいとのご依頼をいただきました。釣道具を収納するケースでタックルボックスというそうです。

ボディーを真鍮で製作し、表のかぶせと裏打ち板はステンレスの研磨板を使用するという凝ったデザインです。

デザイン・レイアウトは全てお客様が行い、CADデータで送っていただきました。2種類のパターンでの製作です。

打合わせの上で詳細を決定し、図面修正を行い製作開始です。

タックルボックス 図面

 

こちらは角穴のパターン。
レーザーで図面どおり正確にカットします。

レーザーカット

 

こちらは丸穴のパターン。
傷防止のため表面には保護シートが付いたままです。

レーザー加工

 

角穴デザインの裏面です。

真鍮板曲げ

 

丸穴デザインの裏面。

三面曲げ

 

三面は折り曲げ加工を入れてあります。

角穴 楕円穴

 

角穴パターンの表かぶせ板。ステンレス研磨板を使用しました。

ステンレス 合わせ板

 

丸穴パターンの表かぶせ板。

SUS304 研磨

 

角穴パターンの取付け画像。

パーツケースカバー

 

丸穴パターンの取付け画像。

真鍮カバー

 

タックルボックスカバーの完成です。

タックルボックス カバー

 

お客様からコメントを頂きました。

「加工品無事届きました。 すばらしい仕上がりです。ありがとうございます。 組み付け完了の写真を撮りましたので お送りいたします。 組み付け中に御社の名前をSUSのプレート 部品に刻印して頂けたら良かったと思いました。 また何かお願いさせて頂くときは何卒よろしくお願い 致します。」

画像提供:東京都S様
ありがとうございました。

»お問い合わせ

 

ページのトップへ戻る