KC-Craft

KC-Craftでは探しても見つからないオリジナル金属パーツを個人の方に受注製作します。

トップ > 製作事例 > ハブリング > 1990 スープラ

ハブリング装着例

1990年式 TOYOTA SUPRA

厚さ1mmの超薄口ハブリングです。材質はS45C。リアのみということで2枚の製作です。

コメント付きで画像をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

スープラ 薄口ハブリング

 

今回注文させていただいたハブリングを装着する為にワイドトレッドスペーサーを外しました所です。JZA70スープラの純正形状ローターだと内径が60φですが、私の車両はJZA80の17インチローター(324φ)にR32スカイライン用の対向POTキャリパーを装着しています。JZA80用ローターの内径は62φと写真でも隙間が確認出来るかと思います。

スープラ ローター

 

サイドブレーキを下ろし、キャリパーとローターを外しハブリングを装着しました。念の為CRCを吹いておきました。

スープラ ハブリング装着

 

ローター、キャリパーを装着しました。きちんとハブリングが隙間を埋めてくれています。いくつかのナットでローターを固定してインナーシューの調整をしている所です。片方を終えて、残る一方の作業をしました。

スープラ ローター キャリパー 取付

 

装着完了しました。満足感から油断して手がぶれてカメラの位置がずれてこの様な写真となってしまいました・・・

スープラ エンケイホイール

 

作業工程には関係ありませんが近場を軽く試走して問題がない事を確認できた所で嬉しくなり記念撮影をしました(笑)製作していただいたハブリングでばっちりリアローターのセンターが合いました。 この度は有難うございました。

スープラ 外観

 

お客様からコメントを頂きました。

「本日、作業を実施致しました。また、装着後の試走もしてみましたが ワイドトレッドスペーサーで固定しなくてもローターのセンターがしっかり取れていました。この度は有難うございました。また何かありましたら相談させていただきます。」

画像提供:茨城県M様
ありがとうございました。

»お問い合わせ

 

ページのトップへ戻る